無痛治療

麻酔の痛みを抑える表面麻酔

歯科治療は「痛みを抑えるための麻酔(針)が痛い」というジレンマを抱えています。
治療の前の麻酔が苦手、麻酔をしたくないというお悩みから、歯医者が苦手な人も多いのではないかと思います。

当院では麻酔をする際の痛みからも患者様を解放しようと表面麻酔というものを行っております。

表面麻酔とは、麻酔薬の軟膏を塗ることによって、皮膚や粘膜の表面の痛みを軽減する麻酔です。
ガーゼに麻酔薬の軟膏を塗り、そのガーゼを麻酔針を刺す場所に置いておくだけなので、表面麻酔自体には全く痛みはありません。
このガーゼをしばらくなじませ、表面の感覚が麻酔によって軽減したことを確認した後に、本格的な麻酔を行います。

表面麻酔によって麻酔針の痛みの大部分は軽減されます。
人によっては全く痛みを感じない場合もあります。

電動麻酔器による痛みの軽減

麻酔時に痛みがある理由のひとつに、手動による麻酔薬注入では注入する圧力が一定にならず、圧が変わった時に痛みが出やすい、というものがあります。

当院では電動の麻酔を使うことによって、一定の圧力で麻酔薬を注入しております。
これにより注入圧の変化による痛みを抑えることができます。

麻酔薬と体温の温度差による痛み

麻酔時に痛みがある理由のひとつに、麻酔薬と体温の温度差により痛みが出る、というものがあります。

当院では麻酔を注入する前に麻酔薬を体温と同じ温度にまで温めることができるカートリッジウォーマーを導入しています。
これにより麻酔と体温の温度差による痛みを抑えることができます。

無痛治療に関するおことわり

当院では痛みを感じさせない治療のために最大限の努力を行っておりますが、全ての患者様で完全な無痛の治療を保証するものではありません。
歯科治療が針を刺す、粘膜を切るなどの外科的な侵襲を伴う治療であるため、どうしても無痛のレベルに限界があります。
どれだけ配慮しても患者様にわずかに痛みを感じさせてしまうことを心苦しく思いますが、どうかご理解いただければと思います。

鎮静

リラックスして治療を受けていただくために

当院では、痛みを軽減するだけでなく、
気持ちの面でもリラックスしていただけるよう配慮しております。
笑気吸入鎮静法と静脈内鎮静法をご紹介しています。

設備紹介を見る

笑気吸入鎮静装置

鎮静効果のある笑気ガスを吸入していただくための装置です。
緊張感や恐怖心を和らげる効果があり、リラックスした状態で治療を受けていただくことができます。

また、笑気にはいくらかの鎮痛作用もあります。
痛みを抑えるための麻酔自体が痛い、と感じておられることが多い歯科治療において、笑気吸入鎮静は完全に無痛で鎮痛作用を得られます。

静脈内鎮静

点滴からお薬を入れ、鎮静効果を得る方法です。
緊張感や恐怖心を和らげる効果があり、リラックスした状態で治療を受けていただくことができます。
笑気では十分な効果が得られなかった場合や、呼吸器に持病をお持ちで笑気を使用できない方にもご利用いただけます。

環境作り

ゆったりとリラックスできる環境

病院独特の雰囲気が苦手な方のために、
なるべく病院感を出さないよう院内の環境作りにこだわりました。
「この歯医者さんなら行けそう!」と感じていただけると嬉しいです。

院内紹介を見る

病院感を感じさせないための受付

少しでも楽な気持ちで治療を受けていただけるよう、病院独特の雰囲気を感じさせない設計にこだわっております。
ご用の際は受付のスタッフにお気軽にお申し付けください。

リラックスしていただける待合室

待合室もなるべく病院感を出さないよう設計しております。
混雑時にもゆったりとお待ちいただけるよう、座席間にかなり広いスペースを設けております。
診療前、会計時などの待ち時間を快適に過ごしていただけるよう、当院専用の無料Wi-Fiもご用意しております。

インドアビュー

実際に医院にお越しいただいたかのように院内をご覧になっていただけるインドアビューをご用意しております。
事前に院内をすみずみまでご覧いただいて、少しでも楽な気持ちで来院していただければと思います。