消毒・滅菌の設備

高圧蒸気滅菌器について

当院は、診査の厳しいヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格の滅菌システムを導入しております。
日本の歯科医院で一般的に利用されているクラスNの滅菌器よりも精度の高い滅菌を行うことが可能です。

滅菌の際に使用する水は、専用のフィルタを通し塩素やマグネシウムなどを除去した、より滅菌向きの脱塩水を使用しています。

滅菌後は滅菌状態のままパック詰め

滅菌を終えた器具は、次に使用するまでこのように真空状態でパック詰めして保管されます。
パック詰めすることによって、次に使用するまで滅菌状態を維持することができます。

これらの器具は患者様が来られた際に、患者様の目の前で封開けします。
滅菌により院内感染を防ぐだけでなく、患者様にも器具の使い回しを行っていないことを確認していただけたらと考えております。

このように滅菌を行っている治療器具は、ミラー・ピンセット・短針・バキュームなどの必ず使用する器具から、歯を削る際に使用するタービン類、タービンにセットする先端部分、根っこの治療に使う切削器具など、患者様に触れる可能性のある器具は全て対象となっております。
少しでも患者様にリラックスして治療を受けていただけるよう、細心の注意を払って滅菌・管理を行う体制を整えております。

治療用の設備

精度の高い治療のために

当院は歯科口腔外科の専門的な治療も行っております
そのため、より精度の高い診断のための設備や
より安全性へ配慮するための設備を導入しております

歯科用CT

歯や顎の骨の状態を三次元的に撮影することができるレントゲン装置です。
親知らずの治療や顎の骨の中の病変を検査するために非常に効果的です。
インプラント治療矯正治療でも役立ちます。

当院では患者様の被曝量を軽減するために、CT以外ののレントゲン装置もデジタル撮影が可能なものを導入しております。
放射線吸収能の高い鉛板の入った防護服を着て撮影していただくこともできます。

電動麻酔器

一定の圧力で麻酔薬を注入することができる電動の麻酔器です。
麻酔薬注入時のわずかな圧の変化は、麻酔時の痛みへとつながります。
電動麻酔器を使うと麻酔時の痛みを軽減することができます。

また、当院では麻酔薬を温めるカートリッジウォーマーも導入しています。
カートリッジウォーマーで麻酔薬を温めると、体温と麻酔薬の温度差による痛みを軽減することができます。

笑気吸入鎮静法

鎮静効果のある笑気ガスを吸入していただくための装置です。
緊張感や恐怖心を和らげる効果があり、リラックスした状態で治療を受けていただくことができます。

また、笑気にはいくらかの鎮痛作用もあります。
痛みを抑えるための麻酔自体が痛い、と感じておられることが多い歯科治療において、笑気吸入鎮静法は痛みを感じることなく鎮痛作用を得られます。

静脈内鎮静

点滴からお薬を入れ、鎮静効果を得る方法です。
緊張感や恐怖心を和らげる効果があり、リラックスした状態で治療を受けていただくことができます。
笑気では十分な効果が得られなかった場合や、呼吸器に持病をお持ちで笑気を使用できない方にもご利用いただけます。

生体情報モニター

脈拍や血圧、呼吸の状態などの生体情報をリアルタイムで観察することができるモニターです。
外科手術中の急な状態の変化や、全身管理が必要な持病をお持ちの方にも対応することができます。

AED(自動体外式除細動器)

治療中に万が一、心室細動や心室頻拍を起こされた方のために、当院にはAEDを常備しております。
AEDはこれらの不整脈を、電気ショックにより正常なリズムに戻すための装置です。

当院ではスタッフ全員が緊急時に正しくAEDを使えるよう、定期的に講習を実施しております。

外科手術用の手術室

当院では様々な専門的な外科治療を行うために、専用の手術室を用意しております。
完全に隔離された空間で感染防止に配慮し、リラックスして治療を受けていただくための鎮静装置、全身管理を行いながら治療するための生体情報モニター、緊急時に備えるAEDなど、各種設備を常備しております。

病理検査

当院では一般的に歯科医院では行うことの少ない病理検査を行っています。
病理検査では顕微鏡を使い、摘出・切除した組織の状態を観察し、その病変がどのような病気であったのか診断をすることができます。

摘出した腫瘍が悪性の場合には悪性腫瘍の早期発見につながり、良性の場合には悪性ではなかったことを確認することができます。