初診当日に親知らずの抜歯はできますか?

はい。
当院では親知らずの即日抜歯を行っております。

ただし、患者さんの親知らずの状態、お口の中の状態、全身の状態によっては必ず即日抜歯が行えるわけではありません。
即日抜歯ができないのは次のようなケースです。

親知らずの抜歯についてのご案内はこちらをご覧ください。

1.腫れや痛みがひどい場合

親知らずが原因で腫れがひどかったり、強い痛みが出ている場合は、当日に抜歯ができないことがあります。
腫れや痛みは炎症によって起こっていますが、炎症が強いと麻酔が効きにくくなります。
その場合には痛みがでやすい状態での手術となってしまうため、お断りさせていただく場合が多いです。
それでも抜いて欲しいと希望された場合には、予想される痛みや手術の時間などを検討し、抜歯をさせていただく場合もあります。

2.時間のかかる抜歯だった場合

通常、親知らずの抜歯の予約は、事前にレントゲンやCTで親知らずの状態を確認し、手術にかかりそうな時間を想定した上で行います。
ですが、即日抜歯の場合は親知らずがどのような状態であるのか確認できないままの手術となります。
このため、即日抜歯予定で来院していただいた後に、いざレントゲンで検査してみると予約していた時間より長くかかりそうな手術が予想された場合には、後日改めて抜歯させていただきます。
時間がかかる抜歯は次のような場合です。

  • 親知らずのほとんどの部分が顎の骨の中にある
  • 歯の根っこが複雑に絡まっている
  • 隣の奥歯が炎症により溶かされている
  • 親知らずが顎の骨とくっついている

3.抜歯後の腫れや痛みが予想され、患者さんにそれを断られた場合

下顎の親知らずの抜歯など、抜歯後に腫れや痛みが予想される場合があります。
通常は事前にそのことを説明し、腫れや痛みが出ても問題ないタイミングでの抜歯をおすすめしていますが、即日抜歯の場合にはこれができません。
即日抜歯予定で来院していただき、検査後、腫れや痛みが予想されることを説明し、患者さんに「それでは困ります」と言われた場合には、改めて後日に抜歯をさせていただきます。

4.全身状態を確認した上で、即日抜歯が難しいと判断された場合

高血圧や糖尿病、血液がさらさらになるお薬を飲んでいるなど、即日抜歯をお断りさせていただく場合があります。
通常、このような場合はお薬手帳や実際に飲んでいるお薬を確認させていただき、必要であれば医科の主治医に抜歯を粉って問題ないか確認を取った後に抜歯の方法や日程を検討します。
即日抜歯予定で来院され、その場でこのような状態であることが分かった場合、安全に手術を行う準備ができないため抜歯をお断りさせていただいております。
後日改めて抜歯を行う場合には、医科の方と相談の上、改めて検討させていただきます。

5.静脈内鎮静を希望された場合

当院では眠ったような状態で手術を受けていただける静脈内鎮静を行っております。
ですが、静脈内鎮静は鎮静状態の管理が不可欠なため、歯科医師が2名以上いる状態でしか行っておりません。
即日抜歯予定で来院され、当日に静脈内鎮静を希望された場合にはその場で対応することができません。
静脈内鎮静なしの状態で抜歯を行うか、後日改めて静脈内鎮静下での抜歯を行うことになります。
予約の段階で静脈内鎮静を希望されていた場合には対応できる場合があります。

こちらの回答は役に立ちましたか?

お問い合わせへの回答改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。