舌癌(口腔がん)かどうか心配です。診察はしてもらえますか?

はい。
当院は院長副院長ともに口腔外科を専門としておりますので、口腔がんや舌癌の診察をさせていただいております。

口腔がんのセルフチェックをしましょう

口の中にも「がん」ができるのをご存知ですか?
定期的に口の中をセルフチェックすれば、口腔がんは比較的簡単に発見できて、早期治療につながります。

口腔がんの発生に係る要因は数多くありますが、代表的なものは喫煙と飲酒です。
これまでの研究では、喫煙者の口腔がんの死亡率は、非喫煙者の約4倍とされ、重度の飲酒もハイリスク因子と考えられています。
他にも不潔な口腔衛生状態、適合の悪い入れ歯、歯の鋭縁、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染なども原因とされています。

口腔がんのできやすい場所は舌・歯ぐき・頬の粘膜ですが、中高年齢の方は、毎月1回のセルフチェックを強くお勧めします。
特に、喫煙や飲酒等の習慣がある方は、怪しいと思ったら直ぐに、かかりつけ歯科医や総合病院の歯科口腔外科を受診して下さい。

こちらから日本口腔外科学会が公開している口腔がんのセルフチェック表を見ることができます。

他にもこのような症状、その他少しでも気になる症状があればお気軽にご相談ください。

・2週間以上続いている口内炎
・出血が続く場合
・擦れたような痛みが続く場合
・しこりがある
・できものができた
・白っぽい病変がある

当院の口腔がん検診では、口腔外科医が経過や視診(見た目)、触診(触った感じ)などを総合して診察させていただきます。
良性のものであればそのまま当院で治療していただくこともできます。

また、当院では提携検査機関での病理検査も行なっております(結果が出るまで、1週間前後かかります)。
万が一、舌癌であった場合や、悪性の疑いが強い場合には、近隣の大学病院の歯科口腔外科や耳鼻咽喉科へご紹介させていただきます。

こちらの回答は役に立ちましたか?

お問い合わせへの回答改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。

関連するよくあるお問い合わせ