親知らず抜歯後の痛みはいつまで続きますか?

正常に治癒が進んでいる場合には、数日~1週間ほど、長くとも10日前後で痛みは治まります。

ですが希に正常に治癒が進まず、ドライソケットという状態になっている場合があります。
ドライソケットになるとおおよそ1ヶ月、長い場合には数ヶ月痛みが続く場合もあります。

以下、ドライソケットについてご案内します。

ドライソケットとは

抜歯後、歯の抜けた穴(抜歯窩=ばっしか)に血(血餅=けっぺい)がたまらず、骨が露出している状態です。
耐えがたい痛みを伴うことが多く、長い場合には数ヶ月続くこともあります。

ドライソケットは何故起こるのですか?

ドライソケットは抜歯後の偶発症で数%の確率で起こります。
直接的な原因は抜歯窩に血液が溜まらないことで、その原因には次のようなものがあります。

  • うがいをし過ぎて血が流れてしまう
  • 抜歯した周囲を強く歯ブラシで磨き、血餅がはがれてしまう
  • 抜歯後の飲酒や喫煙

血は液体ですが、すぐに凝固を始めますので、通常のうがい程度であれば流れることはありません。

ドライソケットの痛みはいつまで続きますか?

ドライソケットは抜歯後に露出した骨に細菌感染が起こるため、抜歯後数日して痛みが強くなり始めます。
その後、通常、1ヶ月ほどで痛みが治まってきますが、長い場合には数ヶ月にわたって痛みが続く場合もあります。

痛みがかなり強いと思います。
お手持ちの痛み止めで痛みが治まらない場合にはすぐに当院へご連絡ください。

ドライソケットは放置しても治りますか?

通常、放置していても1ヶ月ほどで改善し、自然治癒が始まります。
ですが、強いうがいや歯磨き、飲酒、喫煙などが続いていますと状態が改善されず、数ヶ月続く場合もあります。

ドライソケットは歯医者へ行くと早く治りますか?

早く治る場合が多いです。
当院では、抜歯窩の洗浄後に化膿止め(抗菌薬)の軟膏にて処置しています。

経過によって対応は変わってきますが、状態を把握し処置をさせていただきます。
まずは痛みが強いと思いますので、痛みを抑えさせていただければと思います。

親知らずの抜歯についてのご案内はこちらをご覧ください。

こちらの回答は役に立ちましたか?

お問い合わせへの回答改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。