どのような症状があると顎関節症ですか?

顎関節症は、実はひとつの病気を指すのではなく、どこが悪いかによって大きく4つのタイプに分類されます。
タイプによって現れる症状が異なりますが、顎関節症の代表的な症状をご紹介したいと思います。

顎関節症についてはこちらのページも見てみてください。

顎関節症の種類と主な症状

顎関節症はどこが悪くなっているかによって4つのタイプに分類されます。

  • 顎を動かす筋肉の障害
  • 靱帯などの顎関節周囲の障害
  • 顎関節内の軟骨のようなもの(関節円板)の障害
  • 顎関節を構成する骨の変形

このように原因となる場所は様々ですが、結果として顎関節周囲に次のような症状が現れます。

  • 顎の関節(耳の前あたり)が痛い
  • 口を開くと顎がカクカクする
  • 口が開けにくい
  • 口を開くと耳の前あたりから音がする

音がする(クリック)だけの場合には経過観察で問題のない場合が多いですが、痛みがあったり、口が開けにくかったり(開口障害)する場合にはお食事がしにくくお困りではないかと思います。
その場合はすぐに顎関節症治療を行っている歯科医院の受診をおすすめいたします。

顎関節症の副次的な症状

上で紹介したような主な症状の他に、その症状があるせいで副次的に現れてくる症状があります。

顎関節症が原因と見られる副症状とは?

  • 頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身におよぶ痛み
  • めまい、耳鳴り、耳がつまった感じ、難聴
  • 眼のつかれ、充血、涙が出る
  • 鼻の症状(鼻がつまった感じがする)
  • 顎が安定しない、噛み合わせがうまくできない。
  • 歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口が渇くような気がする。
  • 嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれ等が起こる場合もあります。

これらはあくまで副次的なもので、例えば「頭痛があるから顎関節症」「めまいがするから顎関節症」というわけではありません。
あくまで顎関節症は上でご紹介した「主な症状」ありきの病気です。

「顎関節症かも…?」とご自身で思われた方は参考にしてみてください。
ご心配であれば来院していただけるときっちりと検査・診断をさせていただきます。

こちらの回答は役に立ちましたか?

お問い合わせへの回答改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。