顎関節症は何科にかかればいいですか?

顎関節症は歯科で治療することができます。

以下、注意点をご案内します。

おすすめは歯科口腔外科

顎関節症は症状によっては外科処置が必要になる場合があります。
外科処置が必要になってから口腔外科へ転院されるよりは最初から口腔外科で治療を受けるとスムーズかと思います。

当院は口腔外科を専門としており、顎関節症で外科処置が必要になった場合にも対応することができます。
お困りの際はお気軽にご相談ください。

詳しくは顎関節症のページをご覧になってください。

多くの場合は補綴(ほてつ)科でも対応可能

軽度の顎関節症の治療は補綴科でも対応することができます。

補綴科というと、あまり歯科の看板などで見ないのでなじみのない名前かもしれません。
補綴科は歯を失った場合に被せ物や入れ歯を入れ、歯の機能を補う治療を専門とした歯科です。

顎関節症の治療を行っているか確認

歯科口腔外科や補綴科と書いてあっても顎関節症の治療を行っていない場合もあります。

ホームページや医院に直接問い合わせて、顎関節症の治療を行っているかを事前に確認されることをおすすめいたします。

こちらの回答は役に立ちましたか?

お問い合わせへの回答改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。