口腔外科って何?~歯科医院で治療できる口腔外科について~

皆さまが通っている歯医者さんには「口腔外科」と書いてあることも多いと思います。

では、「口腔外科」とは何の治療をするのでしょうか。
多くの方は、親知らずの抜歯を思い浮かべると思いますが、実はそれだけではありません。

「口腔外科」の範囲はとても幅広く、いわゆる外科処置と呼ばれる抜歯・手術(腫瘍/のう胞)を始めとして、外傷(ケガ)・顎関節症・インプラント治療や、最近増えてきている口腔心身症(舌痛症)の治療、全身的な病気をお持ちの方に対する歯科治療なども行います。
また、歯科治療への不安感が強い方やえづきやすい方などに対して、笑気麻酔法や静脈内鎮静法などの麻酔を行うこともあります。

親知らずを抜きたいけど、わざわざ大学病院まで行くのは時間が取れない、とよく伺います。
当院では口腔外科学会認定医と病院歯科で口腔外科部長として勤務していた歯科医師が常駐しており、土日祝も20時まで診療していますので、毎日大学病院や病院歯科レベルの治療を受けていただくことができます。
また麻酔科勤務歴もあるため、静脈内鎮静法なども行っております。

まずはご相談のみでも構いませんので、ご遠慮なくお問い合わせください。

当院の口腔外科治療についてはこちらをご覧ください。

2018/11/11

コラム

菅智子