虫歯とは

虫歯菌について

口の中には様々な細菌が存在していて、その中の一つであるミュータンス菌が歯に付着している歯垢を温床に増殖します。
食事の後の糖分をミュータンス菌が分解し、生成された乳酸が歯を溶かしてしまう現象が虫歯です。
またラクトバチラス菌と呼ばれる菌が、歯が溶けて出来た穴に住み着き、虫歯を進行させる働きを持っています。
この様に虫歯の原因になる菌を「虫歯菌」と言い、虫歯菌が歯に付着したり、増殖する原因になる歯垢をしっかりと除去する事が虫歯にとって一番の予防になります。

虫歯の症状

初めは痛みがありません

虫歯がある程度進行するまでは痛みなどの自覚症状がありません
定期検診でしっかりと管理し、ご自身の歯を守っていきましょう

初期虫歯の症状

初期状態の虫歯は痛みがないことが多いです。
自覚症状がないので虫歯になったことに気付かず、徐々に虫歯は進行していきます。
虫歯になると、歯の表面のエナメル質がゆっくり溶け始め、次第にくすんだ白色に変化していきます。
その後、歯の表面に小さな穴が空き、虫歯が歯の内部へと侵攻していきます。
この状態までは、歯の表面のエナメル質に虫歯が留まっており、痛みを感じないことが多いです。

虫歯の進行と治療方法

虫歯の進行は5段階です。
虫歯になってしまったら、すぐに診療を受けることが大切です。
「歯医者に行く時間がない」
「歯がしみるだけだしまだ大丈夫」
「歯を削ると痛そう」
の様に様々な理由で歯科医院に行くのを躊躇っている方も多いと思います。
歯科医院できちんとケアする事で、虫歯を事前に予防、歯へのダメージを軽減することができます。

C0:進行度1段階目の虫歯

歯の表面(エナメル質)が虫歯に溶かされ、歯が透明感を失って白く濁ったり、溝が茶色く見えます。

C1:進行度2段階目の虫歯

さらに歯の表面(エナメル質)が溶かされ、小さな穴が空いた状態です。
まだ痛みは感じません。

C2:進行度3段階目の虫歯

穴が広がり、歯の内側にある象牙質に虫歯が到達した状態です。
冷たいものや甘いものが染みるようになります。
象牙質はエナメル質よりも柔らかく、虫歯の進行が速くなります。

C3:進行度4段階目の虫歯

虫歯が広がり、さらに内側の神経に虫歯が到達した状態です。
ズキズキとした痛みを感じるようになります。

C4:進行度5段階目の虫歯

歯の大部分に虫歯が拡がり、神経が死んでしまった状態です。
神経が死ぬと一時的に痛みはなくなりますが、さらに進行すると顎の骨の中に膿が溜まり、歯ぐきの腫れ・口臭がひどくなる・激しい痛みなどの症状が出始めます。

虫歯の治療

虫歯の進行段階によって
適切な処置が変わってきます
各段階での治療法の一例と
費用と期間の目安が以下のようになります

虫歯治療にかかる費用と期間

進行 治療法 費用と期間
C0 歯磨き等のセルフケアの改善で治療することが出来ます。
定期検診でしっかりと予防する事で通院も必要ありません。
この段階から予防・定期検診をしっかり行う事で、治療費は最小限に抑える事ができます。
C1 虫歯部分を削って、詰める治療が必要になります。 少ない回数の通院で治療することができ、比較的少ない治療費で治療する事が可能です。
C2 C1と同じ治療になりますが、詰め物の調整が必要になります。 数回の通院で治療ができ、治療費も少なく済みます。
C3 神経を抜いて、歯の根幹を消毒する必要があります。
炎症が落ち着くのを待って、神経を抜いた部分を塞ぎます。
1ヶ月~数ヶ月の期間の治療になり、治療費もトータルで1万円前後かかる事もあります。
C4 抜歯、そして抜歯後に欠損した歯に対して、ブリッジ・入れ歯・インプラントの選択が必要になります。 2ヶ月以上かかる事がほとんどで、費用も安価なものでトータルで1万円を超える治療になります。

麻酔が苦手な方のために

虫歯治療では歯を削ることになります。
ある程度進行した虫歯を削る際には麻酔を行います。
麻酔は歯を削る際の痛みを抑えるためのものですが、この麻酔自体の痛みが苦手という方がいらっしゃると思います。

当院では、そのような方にも虫歯治療を受けていただきやすいよう、麻酔時の痛みを取り除く様々な取り組みを行っております。
「この歯医者さんでなら虫歯治療受けられそう」と感じていただけると嬉しいです。

まずは虫歯の予防を

一度虫歯が進行すると、歯は溶かされていくばかりで、自然に戻ることは絶対にありません。
歯は皆さまの健康を支える限られた財産です。
虫歯になったから治療する、ではなく、虫歯にならないよう積極的に予防する姿勢が皆さまの歯の健康、ひいては全身の健康を守ります。
虫歯予防を始めてみませんか?

歯を失ってしまったら

虫歯が進行すると抜歯しなくてはならなくなる場合があります。
もし虫歯で歯を失った場合にはそのまま放置しておくことは絶対に避けてください。

歯がない状態で放置しておくと周囲の歯が空いたスペースを埋めるように自然と動きます。
スペースが埋まってしまうと後に治療する際に、抜かなくていい歯を抜歯することになったり、矯正治療が必要になる場合があります。
歯を失った状態でそのまま放置しておくことは絶対に避けましょう。

虫歯治療は歯科口腔外科で

虫歯は重度になると外科処置が必要になります。
虫歯治療は歯科口腔外科にご相談ください。
当院は外科処置だけでなく、予防歯科にも対応しております。

虫歯治療の費用

虫歯によって歯の一部または全てを失ってしまった場合の治療の料金についてです。
失った部分をプラスチック、金属、セラミックなどで人口的に補います。
それぞれのメリット・デメリットを理解していただき、患者様が一番満足できる治療をご案内できればと思います。
ご質問、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。