矯正歯科とは

矯正歯科の目的

矯正治療とは、不正咬合(悪い歯並び)を整える治療のことです。
「出っ歯」「受け口」「歯がガタガタしている」などのお悩みを解決することができます。
矯正治療というと美容目的のイメージが強いかと思いますが、歯並びを改善することで食べ物がつまりにくくなったり、歯磨きがしやすくなったりする効果もあります。
結果的に歯自体の健康を守ることもできるのが矯正治療です。

矯正歯科って何?

悪い歯ならびや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯ならびにする歯科治療です。しかし、きれ いな歯ならびにするために、歯を削って「差し歯」にすることは、基本的にはありません。矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯ならびと噛み合わせを治していきます。歯がふぞろいだったり、上下の アゴの歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態を、専門的には「不正咬合」といいます。

この不正咬合をそのままにしておくと、

  • 食べ物がよく噛めない
  • ことばが明瞭でなくなる
  • むし歯になりやすい
  • 歯槽膿漏になりやすい
  • 口臭の原因になる
  • アゴの関節に負担をかける
  • 歯を折ったり、ケガしやすい

などの問題がでてきます。

矯正治療が必要な「不正咬合」

出っ歯(上顎前突)

上の前歯が強く前に傾斜していたり、上の歯ならび全体が前に出て噛んでいます。 また下のアゴが小さかったり、後ろにあることで見かけ上、出っ歯にみえることもあります。 この状態では、口を楽に閉じることができませんし、顔のケガで前歯を折ったり、くちびるを切ったりしやすいです。 またこの噛み合わせにより、下の前歯が上の前歯の裏側の歯ぐきを傷つけていることもあります。

受け口(反対咬合)

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせです。 上下の前歯の傾きに問題がある場合と下のアゴが大きすぎたり上のアゴが小さすぎることによる場合とがあります。 アゴの大きさに問題がある場合、アゴの骨の成長によって変化しますので、成長のメドがたつまで長く追いかけていかなければなりません。 うまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になることが多いです。

八重歯・乱ぐい歯(叢生)

歯ならびがデコボコになっている状態を「乱ぐい」といいます。 上の糸切り歯が歯ならびから飛び出しているのを、普通「八重歯」と呼びます。 日本では「かわいい」と言われることもありますが、欧米では「ドラキュラの歯」と呼ばれ嫌われます。 歯がならぶ場所=骨の大きさとそれぞれの歯の大きさとの間のアンバランスでこのようになります。 歯みがきの時に歯ブラシが行き届かずに汚れが残りやすく、虫歯や歯槽膿漏の原因となります。

開咬

噛んできても、特に前歯が噛み合わない状態です。 前歯で食べ物をうまく噛みきることができないだけでなく、正しい発音ができないことが多いです。 幼稚園児や小学生になっても、下の写真や図のような指しゃぶりを続けていることが原因になることもあります。 他には「舌」の悪い癖や遺伝的な問題も原因となります。

矯正治療のご相談について

矯正治療は非常に高額な治療です。
「矯正に興味があるけど、値段のこともあるし…」となかなか治療に踏み出せない方もいるかと思います。

当院では矯正治療をご検討中の方のために矯正相談をお受けしております。
「まず話だけ聞かせて欲しい」という方もお気軽にご相談ください。
メリット・デメリット、治療期間、費用など、きっちりと説明させていただきます。
疑問や不安な点などありましたら是非お聞かせください。
お話しをさせていただいた上で、改めてご検討いただければと思います。

矯正治療期間中の通院について

矯正治療の期間中はおよそ1ヶ月に1回のペースで通院していただく必要があります。
歯医者へ行く時間がなかなか取れない方には毎月の通院が大変で、矯正治療を諦めておられる方もいるかもしれません。

当院であれば日曜・祝日も20時まで診療しており、お忙しい方にも通っていただきやすいかと思います。
JR高槻駅より徒歩3分でお越しいただけます。

小児矯正

成長段階で矯正をしていく事で、様々なメリットがございます。
幼少期から思春期にかけては、歯の生え変わりがあり、顎の骨も大きく変化し、成長する時期です。
この成長を軌道修正するような形で利用して、無理なく短い期間で矯正治療を行う事ができます。
また、成長の過程で変化していくので、矯正後の噛み合わせが安定しやすいです。
同様に、成長期の顎はコントロールしやすい事も特徴です。
顎を広げたり、成長を促すことで、矯正する為に必要なスペースを確保しやすく、顎が小さく歯が重なっているお子様でも矯正による抜歯を避けられる事があります。
また、子供の骨は柔らかく、大人と比べて柔軟に変化するので、歯が動きやすく、歯が動く時の痛みも少なくて済みます。

大人の矯正

矯正は子どもの時に行うものというイメージを持ってらっしゃる方も多いかと思います。
顎の成長が終わってしまうと、歯が動く範囲が限られ制約があるので、子供より治療期間が必要になる事があります。
しかし、大人になってからの矯正は、明確に歯並びを綺麗にしたいという目的があるため、治療中のケアや、治療そのものへの理解が高いのでスムーズに行える事が多いです。
歯並びを綺麗にしたい、と思ったその時が矯正治療を行うタイミングです。
矯正にも目立たない矯正など、ライフスタイルに合わせて様々な種類がございます。
是非一度ご相談ください。

マウスピース矯正

一般的なワイヤーを使った矯正治療とは異なり、マウスピースを使って矯正治療を行います。
当院ではASOシステムというマウスピース矯正を導入しております。

マウスピース矯正はインビザラインが有名ですが、ASOシステムはインビザラインと比べて、歯の移動量が少ない場合などに治療の料金を抑えられる場合が多いです。

矯正治療の費用

矯正治療の料金についてです。
小児矯正、成人矯正の料金をご案内しております。
ご質問、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

矯正治療のリスクと注意事項

  1. 矯正器具を装着・調整した後は歯に負荷がかかるため、数日程度、痛みが出たり、食べ物を噛みにくくなったりします。
    痛みの強い場合には痛み止めを処方しています。
    通常は治療が進むに従って、痛みを感じにくくなっていきます。
  2. 一時的に顎関節症のような症状が出ることがあります。
    歯並びの変化に伴い、以前と噛み合わせが変わることによって起こりやすくなる症状です。
    当院では口腔外科の歯科医師がそのような症状の治療に対応致します。
  3. 矯正装置が外れたり、矯正装置により口内炎ができてしまう場合があります。
    そうならないように十分に注意して調整を行なっていますが、万が一不具合がございましたら、すぐにご連絡ください。
  4. ワイヤーを使用した矯正期間中は、歯磨きをしにくくなるので、歯ぐきが腫れたり、虫歯になりやすくなったりします。
    そうならないように、歯科医師と歯科衛生士による検診やクリーニング、ブラッシング指導を行っています。
    万が一、虫歯になってしまった場合には、当院にて治療が可能です。
  5. 矯正治療が終了して、歯並びが整った後は、リテーナーという、後戻りを防ぐ装置をつけていただく期間があります(矯正後は元の位置に歯が戻りやすくなるため)。
    リテーナーを装着する期間は患者さんにより異なります。
    必ず、矯正医の指示をお守りいただき、整えた歯並びを維持できるようご協力をお願いします。

「矯正歯科」に関するよくあるお問い合わせ