小児歯科について

小児歯科とは

名前の通り、お子さまを対象とした歯科治療および予防です。

お口の健康を守る為には、幼少期からの虫歯予防が重要です。
残念なことですが、乳歯は生えかわるので、虫歯になっても大丈夫と思っている方も多いようです。
しかし、乳歯の虫歯や歯の異常が、永久歯に悪影響を与えることがあります。

お子さまが歯医者さんが「怖い」「苦手」と感じる事のない様に、初めから治療を行うのではなく、まず歯医者さんに慣れることから始めていきましょう。
小児歯科ではお子さまが虫歯のない健康な歯で生活していく事を目指します。

当院では、幼稚園や小学校に通っているお子さまにも通っていただけるよう、日曜日・祝日も診療しております。
お子さまの歯科治療や予防だけではなく、歯並びが気になる方のために小児矯正も行っております。
JR高槻駅北口より徒歩3分のところにあり、お子さま連れのお車でもお越しいただきやすいよう、当院専用の無料駐車場をご用意しております。

小児歯科の治療

まずは歯医者さんに慣れてもらうことから

初めから治療を行うのではなく
お子さまが歯医者さんが「怖い」「苦手」と感じる事のない様に
まず歯医者さんに慣れることから小児歯科を始めていきましょう

乳歯や生え始めの永久歯のケア

虫歯治療に加えて、フッ素塗布や歯磨き指導なども行います。
虫歯予防には歯の再石灰化を促す「フッ素」がとても重要です。
歯科医院では、高濃度フッ素によるフッ素塗布を行い、ご家庭ではフッ素入りの歯磨き粉の使用をおすすめしています。
もしお持ちでない場合は当院でも販売しておりますので、受付にてお申し付けください。

シーラントとは

小児の虫歯予防のために行う治療です。
おもに奥歯の溝・くぼみの部分を、専用の素材を使って塞いでしまいます。
虫歯の原因となる歯垢・食べカスが溜まりやすい歯の溝は、虫歯のリスクが高い箇所です。
溝をふさぐことで虫歯リスクを抑えます。
また、塞ぐ時に使用する素材にはフッ素が含まれているので、予防効果を高める働きもあります。

虫歯予防のための定期検診

虫歯予防は、セルフケアの歯磨きのみでは難しい部分もあります。
食育・食生活の見直しや、フッ素やシーラントなど、要因ごとにさまざまな対処方法があります。
虫歯および歯周病の予防には、3~4か月おきの定期健診をおすすめしています。

麻酔が苦手なお子さまのために

虫歯治療では歯を削ることになります。
ある程度進行した虫歯を削る際には麻酔を行います。
麻酔は歯を削る際の痛みを抑えるので治療中の痛みはほとんどありませんが、この麻酔自体の痛みが苦手というお子さまが多いのではないかと思います。

当院では、そのようなお子さまにも虫歯治療を受けていただきやすいよう、麻酔時の痛みを取り除く様々な取り組みを行っております。
「この歯医者さんでなら虫歯治療受けられそう」と感じていただけると嬉しいです。

また、当院では笑気吸入鎮静も行っております。
眠ったような状態でお子さまに治療を受けていただくこともできます。

口の中のケガなどのアクシデントへの対応

顔をぶつけた事により歯がグラグラしている、歯が折れてしまった、お口の中が切れて出血しているなどでお困りの際はすぐにご連絡ください。
当院は口腔外科医が常駐しており、急患にも対応いたします。

歯並びのご相談

学童期の歯の生え変わり、歯並びとかみ合わせに心配事がある方はお気軽にご相談ください。
矯正の必要があるのかどうかなど、ご相談だけでもお受けしております。
矯正治療は定期的な通院が必要になりますが、当院は日曜・祝日も診療しておりますので、学校に通っているお子さまにも通っていただきやすいです。