歯周病について

歯周病とは

歯周病は虫歯を抑えて日本人が歯を失う理由の第一位になっている生活習慣病です。
30代で70%、40代で80%の人がかかり、出血・痛み・口臭・歯がグラグラするなどの症状が現れます。

歯周病の原因となるのは、歯についた歯垢の中に含まれている細菌です。
歯と歯ぐきの境目の清掃が不十分だと、そこに溜まった歯垢に含まれている細菌が歯ぐきに炎症を引き起こします。

歯周病が恐ろしいのは、初期症状としては痛みがなく、ほとんどの場合、歯周病にかかったことに気づけない点です。
気付かずに歯周病が進行していくと、歯周ポケットと呼ばれる歯ぐきと歯の隙間が大きくなっていき、徐々に歯がグラグラと動くようになり、最終的には抜歯しなければならなくなります。
歯を失うリスク、歯を失った際の治療の選択肢はこちらで紹介しております。

歯ぐきから出血する、口臭を指摘された時は

すぐにお近くの歯科医院にご相談ください。
歯周病は早期治療はもちろん、治療後のメンテナンスが非常に大切です。
症状が治まったからといって安心せず、以降の歯周病予防のために、通いやすい歯科医院でメンテナンスを受けることをおすすめいたします。

当院では、リラックスして快適にメンテナンスを受けていただけるよう、院内の環境作りにこだわっております。
歯周病が進行してしまった場合にも、歯科口腔外科医が在籍しておりますので、歯周外科治療にも対応できます。

歯周病は何よりも予防が大切です。
今は出血や痛みなどの症状がなくても、気にせずお気軽にご相談ください。
日曜・祝日も20時まで診療しておりますので、時間がとりにくい方にも来ていただきやすいです。
JR高槻駅より徒歩3分でお越しいただけます。

歯周病の
全身疾患への関わり

歯周病はお口の中だけの病気ではありません

歯周病菌は歯ぐきの出血箇所から全身に行き渡ります
その結果、様々な全身疾患への関わりが指摘されています

心筋梗塞・脳梗塞

歯周病菌の影響により動脈硬化が進み、血管の内側にプラークがたまります。
プラークが剥がれ落ちるとこれが血栓となり、心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。

糖尿病

歯周病がインスリンの活性に干渉し血糖のコントロールを不十分にするため、糖尿病の原因のひとつになるとされています。
歯周病治療によって糖尿病も改善する場合があることも分かってきています。

早産・低体重出産

歯周病により口腔内から炎症性物質が放出されること、胎盤が歯周病原細菌に感染することが影響するとされています。
妊娠中は妊娠性歯肉炎にかかりやすくなると言われており、普段以上の注意が必要です。

誤嚥性肺炎

食べ物を飲み込む嚥下機能が低下している入院患者がなりやすく、食べ物、唾液が肺に誤って気道に入った事で唾液に含まれる細菌から肺炎を引き起こします。

歯周病の治療

定期検診へのご理解をお願いいたします

歯周病は何よりもメンテナンスが重要です
歯周病予防のため、患者様の歯の健康のため
定期検診へのご理解をお願いいたします

歯周病の治療について

まず歯周病の治療には予防が大切です。
歯磨きなどのセルフケア、歯科医院で行うプロフェッショナルケアによりきちんと歯垢を除去する事が出来れば、歯周病の発症を防ぐ事が出来ます。
清掃が行き届かず歯垢が固まり、歯石となるとセルフケアだけでは除去出来なくなります。
歯科医院で歯石を取り除く事で多くの場合炎症は消え、健康な状態に戻りますが、重い症状まで進行してしまうと、歯茎を切開し、歯根周囲の不良組織を除去する外科処置を行います。
当院には歯科口腔外科医が常駐しておりますので、歯周外科治療にも対応することができます。

PMTC

「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略称です。
歯科医院にて行う専門的な歯磨きのことです。
専用のブラシや超音波の器具を使うことによって、普段の歯磨きでは清掃しきれない歯垢や歯石を除去することができます。

SRP

「スケーリング・ルート・プレーニング」の略称です。
歯の表面の歯垢や歯石を除去するだけでなく、歯周ポケットの中や歯の根っこの表面についた歯石を除去することができます。

フラップ手術

器具で取り切ることのできない歯石・感染した組織を取り除くために、歯茎を切開する手術です。

歯周組織再生療法

歯周病の進行によって失われてしまった顎の骨などの歯周組織を再生する治療法です。
歯周組織を再生させることによって歯を残せるようになったり、骨が作られることによって治療の選択肢を広げることができます。

歯周病の予防について

歯周病を予防するために定期的な検診をおすすめしております。
定期検診や予防歯科についてはこちらでご案内しております。

歯周病治療は歯科口腔外科で

歯周病は重度になると、フラップ手術や歯周組織再生療法などの外科処置が必要になります。
歯周病治療は歯科口腔外科にご相談ください。
当院は外科処置だけでなく、歯周病の予防にも力を入れております。