予防歯科について

予防歯科とは

予防歯科とは、悪くなった部分を治療する従来型の歯科治療とは違い、悪くなる前からしっかりとケアを行い、できる限り歯を残していこうとする歯科治療です。
歯は一度悪くなって削ってしまうと、自然に元に戻るということが絶対にありません。
悪くなったところを治療、という流れでお口の管理を続けていると、ご自身の歯はどんどん失われていきます。
歯科で予防がこれほど重要視されているのは、健康な歯が治療を続ければただ減っていってしまうだけの限られた財産だからなのです。

予防歯科は、現在健康な歯をお持ちの方だけが対象ではなく、虫歯や歯周病の治療をしたことがある方にとっても非常に重要です。
一度、虫歯や歯周病になった人の方が虫歯や歯周病になるリスクは高く、今後虫歯や歯周病にならないようにするために、より予防歯科の重要性は高いと言えるでしょう。

日本の予防歯科は遅れています

日本は、他の先進国に比べると圧倒的に予防歯科が遅れていると言われています。
日本人は定期検診の受診率が低く、その影響で高齢者になった時に残っている歯の数もずいぶん少ないです。

歯は老後の健康を支えるための重要な組織です。
ご自身の健康的な生活のためにも、ぜひともご自身の歯を守っていきましょう。

「歯は悪くなってから治療するもの」ではなく、「歯は悪くならないよう定期的に管理するもの」
これが予防歯科です。

歯を失う原因

歯を失う原因の第1位は歯周病(歯槽膿漏)です。
虫歯は痛みで初期段階に気付くこともありますが、歯周病は気付かないうちに進んでいることも少なくありません。
成人の約80%が歯周病であると言われていて、誰にでも歯を失う危険性があると言えます。
歯周病によって歯を失うのを防ぐため、予防歯科に対する高い意識を持ちましょう。

予防歯科治療を受けるためには

お近くの予防歯科を行っている歯科医院にお問い合わせください。
その際に「予防歯科治療を受けたい」「定期検診を受けたい」「今は虫歯も歯周病もないが、今後も虫歯や歯周病にならないための治療をしてほしい」とおっしゃってください。
歯科医院側で患者様のお口の状態に合わせて適切な予防歯科プランを提案いたします。

予防歯科は定期的に通院する必要があるため、できれば通いやすい歯科医院がよいでしょう。
当院であれば、日曜日・祝日も20時まで対応することができます。
お忙しい方にも通っていただきやすいと思います。

予防歯科の治療

セルフケアとプロフェッショナルケア

ご自宅での歯磨きによる「セルフケア」と
歯科医院で行う「プロフェッショナルケアにより
患者様のお口の健康を維持します

セルフケアによる予防歯科

正しい歯磨きを実践しましょう

人間の歯は考えている以上に独特の並び方をしています。
感覚的に歯ブラシを沿わせていても、実は磨けていない場所がたくさんあります。
歯科医院に来ていただくと、正しい歯磨きの方法をお教えすることができます。
歯磨きは毎日行うものなので、間違った歯磨きで過ごす365日と、正しい歯磨きで過ごす365日では、歯の汚れや歯垢の量が大きく変わってきます。

フッ素で歯を守りましょう

食事の後すぐにフッ素含有の歯磨き粉で歯磨きを行う事で、フッ素イオンにより歯を保護することができます。
フッ素が長く口の中に存在している事が虫歯予防に効果的なため、フッ素が含まれている歯磨き粉のご使用をおすすめしています。
既にフッ素の含まれた歯磨き粉をお持ちの場合はそのまま使ってもらってかまいません。
もしお持ちでない場合は当院でも販売しておりますので、受付にてお申し付けください。

歯科医院で行う予防歯科

セルフケアのための歯磨き指導

ご自宅での歯磨きをより効果的に行うために、歯磨き指導をさせていただきます。
歯磨きの癖や磨き残しのある部分を、染め出しを使って実際に見せていただきます。
その後、磨けていなかった部分を正しく磨くための歯磨き指導を行います。

PMTCによる歯垢の除去

「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略称です。
歯科医院で行う専門的な歯磨きのことです。
専用のブラシや超音波の器具を使うことによって、普段の歯磨きでは清掃しきれない歯垢や歯石を除去することができます。

フッ素塗布による虫歯予防

食事をすると、歯に含まれるカルシウムやリン酸などのミネラルが、酸によって一部溶かされてしまいます。
この時、唾液の働きで、溶け出した歯の成分が元の状態に戻ろうとします。
これを歯の再石灰化と言います。
再石灰化の際に唾液の中にフッ素イオンが存在していると、より多くのミネラルが歯の表面(エナメル質)に吸収されるため、再石灰化を促す働きをします。