睡眠時無呼吸
症候群について

睡眠時無呼吸症候群とは

寝ている間に呼吸が停止または低呼吸(呼吸によるガス交換が低下している状態)になっていることがある病気です。

睡眠時無呼吸症候群の概要

睡眠時無呼吸症候群 (SAS)とは、眠っているときに呼吸停止または低呼吸の状態が引き起こされる病気です。 睡眠時に症状が現れるという特性上、発症していても自覚していない方が多く、潜在患者数は日本国内で200~300万人にのぼると推定されています。

その発症の一因として肥満が挙げられることから、生活習慣病のひとつとして取り上げられる機会が増えています。 また、トラックや長距離バスの運転手、電車の運転士などがこの病気になると危険であるという認識が広まり、国土交通省を中心に積極的な対策が行われています。

睡眠時無呼吸症候群は、日中の活動にさまざまな影響を及ぼすだけでなく、高血圧や心血管系障害の発症や悪化につながることも報告されています。

睡眠時無呼吸症候群の症状

次のような症状に心当たりはありませんか?

  • いびきをかく
  • いびきが急に止まったり、息をしていない(呼吸が止まっている)時がある
  • 苦しくて目覚めたり、夜中によくトイレに起きる
  • 熟睡感がない
  • 昼間でも眠気があり、うとうとすることが多い
  • 仕事に集中できないことが多い
  • 記憶力が低下している気がする
  • 朝起きたときに頭痛がする
  • 運転中に極度に眠くなったり意識が飛ぶことがある
  • 肥満である、最近太った
  • 早朝高血圧と診断されたことがある

睡眠時無呼吸症候群の症状

無呼吸は、医学的には「気道の空気の流れが10秒以上止まった状態」と定義されます。無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、 もしくは1時間あたり5回以上確認されると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

この無呼吸症状は、睡眠中の出来事であるために本人が自覚することが難しく、家族など身近な方に指摘されて発覚する場合が多く見受けられます。

本人が自覚しやすい症状としては、日中の強い眠気や夜間の頻尿が挙げられます。男性の場合、加齢により前立腺肥大を伴う方が多いため、夜間の頻尿にそれほど疑問を持たないことが多いです。睡眠時無呼吸症候群による頻尿には、日中の頻尿や排尿障害などがないので、前立腺肥大による頻尿とは鑑別が可能です。

また、無呼吸状態による体内の酸素不足から、起床時に頭痛を感じる方もいます。その他、集中力・記憶力の低下、夜間の中途覚醒や口渇などの症状が挙げられます。

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群は、呼吸時の空気の通り道「気道」が圧迫されることにより発症します。
肥満の方、アルコールをよく飲まれる方、中・高齢者、鼻に病気のある方、下顎の小さい方などで起きやすいです。
お心当たりのある方はお気軽にご相談ください。

診察を受けられて睡眠時無呼吸症候群ではなかったとしても全く問題はありません。
当院ではご相談だけの患者様も受け付けております。
JR高槻駅北口より徒歩3分、日曜・祝日も20時まで診療しておりますので、お忙しい方にもお越しいただきやすいです。

睡眠時無呼吸
症候群の治療

症状が軽度の場合は
マウスピースで症状が改善する場合があります
マウスピースは歯科でお作りいたします

睡眠時無呼吸症候群の治療について

睡眠時無呼吸症候群の症状が軽度の場合には、生活習慣の改善やマウスピースの着用で症状が改善する場合があります。
当院では、軽度の睡眠時無呼吸症候群の患者様を対象に、歯科的な治療法としてマウスピースを作製いたします。
睡眠時にマウスピースを着用していただくことで、いびきの軽減や気道閉塞の改善が認められることがあります。

耳鼻科や呼吸器内科で睡眠時無呼吸症候群の検査を行い、医科の方でマウスピース適応と診断された場合には、保険適用でマウスピースをお作りすることができます。
その際には医科からの診断書をご持参お願いいたします。

また、先に歯科に来られた場合にも、改めて医科にて検査・診断を行ってもらうと、同様に保険適用となります。
それ以外の場合は保険適用外となります。
あらかじめご了承ください。

治療用のマウスピースについて

下顎が気道を塞いでしまわないよう、下顎を前方に固定させるマウスピースを装着します。
下顎を前方に固定することで、空気の通り道の圧迫を防ぐ効果があります。
来院時に上下の顎の歯型とかみ合せをとらせていただき、約1週間後にマウスピースが完成します。
お口の中の状態によっては、先に歯科治療が必要となる場合があります。
虫歯治療や歯周病治療についてはこちらをご覧ください。