お口の中の腫れやできものでお困りですか?

当院では口腔外科を専門とする歯科医師が、お口の中の腫れやできものの治療を行っております。
病理検査も行っており、舌癌のような口腔がんの検査もいたします。
治らない口内炎がある場合にもお気軽にご相談ください。
JR高槻駅より徒歩3分でお越しいただけます。

気になる症状がある場合はすぐに口腔外科へ

歯ぐきや舌などの粘膜に現れる症状は、腫れ・できもの・ただれ・口内炎のようなもの、非常に多くの種類があります。
色に関しても、白い・赤い・血豆のような状態と実に様々です。

これらの症状は、良性腫瘍や嚢胞(のうほう)などの良性のものであることが多いですが、中には舌癌や歯肉癌などの悪性のものもあります。
気になっている症状がある場合はすぐにお近くの歯科口腔外科にご相談ください。

当院であれば、総合病院で様々な腫瘍・嚢胞の症例を経験した歯科口腔外科医が常駐しております。
日曜・祝日も診療、夜は20時まで開けておりますので、お越しいただきやすいと思います。
痛みや出血があるなどの急性症状がある場合には急患対応もしております。

腫瘍(しゅよう)とは

体の中の細胞が本来の増殖サイクルの枠を越えて過剰に増殖したものです。
症状としては腫れやできものとなって現れることが多いです。

腫瘍と聞くと悪性腫瘍をイメージすると思いますが、腫瘍=悪性腫瘍ではありません。
過剰に増殖した細胞が、その場にとどまって増殖するものを良性腫瘍、その場にとどまらず周囲に広がって増殖するものを悪性腫瘍といいます。

嚢胞(のうほう)とは

「のうほう」と読みます。
間違われやすいものに「膿瘍(のうよう)」があります。
膿瘍は「膿(うみ)」という字が使われている通り、膿が溜まった状態を指します。
嚢胞の「嚢」は「ふくろ」と読み、ふくろ状に液体や細胞が溜まった状態を指します。
こちらも症状としては腫れやできものとなって現れます。

「痛みや出血はないけど、診察してもらえますか?」

もちろん問題ありません。
とても不安だと思います、お気軽にご相談ください。

粘膜疾患は悪性のものである場合もあり、初期は自覚症状がほとんどありません。
口腔外科できっちりと診断をしてもらい、良性のものであればご安心なさってください。
そのまま当院で治療をすることもできます。
悪性の疑いが強い場合にも、早期治療のため、適切な対応をご提案させていただきます。

また、当院は口腔外科のみ当院への受診にも対応しております。
口腔外科の治療が終わった後にかかりつけの医院に戻っていただいてかまいません。
詳しくはよくあるお問い合わせでも回答しております。

「治らない口内炎があります」

2週間以上口内炎が続いている場合には、口腔外科への受診をおすすめいたします。
市販の軟膏などで様子をみるのではなく、きっちりと診断を受けましょう。

詳しくはよくあるお問い合わせでも回答しております。

「舌癌の検査はしてもらえますか?」

当院では舌癌のような口腔がんの検診を行っております。
気になる症状がある場合にはお気軽にご相談ください。

日本口腔外科学会のページに舌癌、歯肉癌、口底癌の口腔内写真が掲載されています。
「3. 口腔がんのセルフチェックのポイント」の各病名をクリックすると写真がご確認いただけます。
症例写真には損傷がある口腔内の写真が含まれています。症例写真が苦手な方はご遠慮ください。

口腔がん検診についてはよくあるお問い合わせでも回答しております。

悪性が疑われた場合

悪性腫瘍が疑われた場合には、さらに精密な検査を行うため、提携する総合病院へご紹介させていただきます。

良性のものであった場合

当院で治療することができます。
症状に応じて、摘出・切除などの手術、お薬による治療、経過観察にて対応いたします。

手術が必要と判断した場合には手術をおすすめしていますが、いきなり手術をすることはありません。
手術の必要性、緊急度、メリット・デメリットを説明させていただいた上で、患者様の同意を得た後、手術日程を決めさせていただきます。

また、腫瘍や嚢胞の大きさによっては全身麻酔下での手術が必要になる場合があります。
その際には提携病院をご紹介させていただいております。

病理検査

当院では病理検査を行っています。
病理検査では顕微鏡を使い、摘出・切除した組織の状態を観察し、その病変がどのような病気であったのか診断をすることができます。

摘出した腫瘍が悪性の場合には悪性腫瘍の早期発見につながり、良性の場合には良性であった(=悪性ではなかった)ことを確認することができます。
舌癌のような悪性腫瘍が疑われた場合には、さらに細胞診検査などの精密な検査を行うため、提携する総合病院へご紹介させていただきます。

外科手術が苦手な方のために

「口の中にできものができたけど、病院に行ったら手術されそう…」と、お口の中に腫れやできものができてもそのままにしておられる方がいるかもしれません。
ですが、お口の中の腫瘍・嚢胞はなるべく早く適切に対処することが望ましいです。
悪いものであれば早期に発見し、良いものであれば良性であったことをしっかり確認し、「悪性かも…」という不安から解放されましょう。

当院では、外科手術が苦手な方にも治療を受けていただきやすいよう、患者様の手術時の負担を軽減する様々な取り組みを行っております。
鎮静によって眠ったような状態で手術を受けていただくこともできます。
「この歯医者さんでなら手術を受けられそう」と感じていただけると嬉しいです。