口腔内外傷について

口腔内外傷への処置

転んでお口の中や周囲に傷をおったり、舌や唇を間違って噛んだりして、ケガすることがあります。
スポーツや事故で、歯が折れたり、顎の骨の脱臼、歯がぐらぐらすることがあります。
歯科口腔外科ではこれらの外傷の治療も行っております。
傷口の縫合・抜けかけた歯の固定や、外れてしまった顎を戻す処置などを行います。

歯が折れた時は

歯が折れた(割れた)時は、専用の接着材料を使い、折れた歯をくっつけることができる場合があります。
歯の根元の方から折れている場合や、歯の上の部分がなくなってしまい根っこしか残っていないような場合には抜歯になる可能性が高いです。
なるべく歯を残せるよう努力いたします。
折れてしまった歯を捨てずに、すぐにご連絡ください。

割れた歯をご持参される場合は、絶対に水で洗わないでください
歯の表面には歯根膜と呼ばれる非常に大事な組織があります。
例え土や砂で汚れていたとしても絶対に洗わずにそのままご持参ください。
もし可能であれば乾燥しないよう、牛乳などにつけてご持参いただけると、歯を残せる可能性が高くなります。

歯が抜けた・グラグラする時は

歯に力がかかり、顎の骨から抜け落ちてしまうことを歯牙脱臼と言います。
歯牙脱臼には完全に抜けてしまった、完全脱臼と不完全脱臼があります。

不完全脱臼になった場合には、診療を受けていただき、グラグラしている歯の固定を行います。
完全脱臼では、歯の状態と抜けてからの経過時間によりますが、なるべく元の位置に戻して固定します。
この時、歯根膜(歯と顎の骨をつなぐ大事な膜)が生きていれば、歯を元通りに戻せる可能性が高くなります。

歯根膜は乾燥に弱く、口の外ではおよそ30分ぐらいしか生きていません。
抜けてしまった歯を捨てずに、すぐにご連絡ください。
歯をご持参される場合は、歯を洗わずにそのままご持参ください
例え土や砂で汚れていたとしても絶対に洗わずにお願いいたします。
もし可能であれば乾燥しないよう、牛乳などにつけてご持参いただけると、歯を残せる可能性が高くなります。

抜けた歯を持ってきていただく場合には

まず、絶対に水道水で洗わないでください。
汚れていても、ご持参いただければこちらで適切に処置いたしますので、全く問題ありません。

持ってきていただく場合の歯の保存方法ですが、次の優先順位で可能な方法でお願いいたします。
優先度の高いものの方が、歯を残せる可能性が高くなります。

  1. 牛乳につけていただく(手に入るようであれば生理食塩水)
  2. 歯が生えていた位置に戻す
  3. 水で湿らせたハンカチで覆う
  4. 口の中に入れておく

あとはなるべく急いでご来院されますよう、お願いいたします。
当院は、日曜・祝日も20時まで診療しております。
急患にも対応しておりますので、お困りの場合はすぐにご連絡ください。