親知らずについて

親知らずとは

親知らずとは正式名称を第三大臼歯といい、一番前の歯から数えて8番目、一番奥に生える奥歯の事を指します。
別名、智歯とも呼ばれ、永久歯の中で一番最後に発育します。
永久歯は通常15歳前後で上下左右28本が生え揃いますが、親知らず10代後半から20代前半に生える事がほとんどで、親に知られる事なく生えてくる事がその名前の由来だと言われています。

親知らずは左右1本ずつ、上顎と下顎にあるので合計4本生えますが、必ず綺麗に生えてくる歯というわけではなく、生えずに埋まったままの人もいます。

親知らずを抜く必要がある場合

現代の人は昔の人より口が小さく、親知らずは斜めに傾いて生えていたり、横向きに生える事が多いです。
このように親知らずが生えると親知らずが周囲の歯や歯ぐき、骨を圧迫するため、周囲に炎症を起こすことがあります。
炎症が起こると激しい痛みや腫れを伴います。
咬み合わせ、歯並び、隣の歯に異常をもたらす事もあります。

親知らずが炎症を起こした場合には、お口の中を見せていただき、親知らずを抜いても問題がないことを確認した上で、抜歯にて対応いたします。

親知らずを抜く必要がない場合

親知らずは必ず抜かなければならないわけではありません。
親知らずが真っすぐに生えていてきっちり咬み合わせている場合や、親知らずが完全に埋まっていて痛み・腫れがない場合は抜く必要がありません。
矯正治療により正常な方向・咬み合わせへ治療できる場合にも抜く必要はありません。
親知らずを残していると、周囲の歯を治療する際に親知らずが入れ歯やブリッジの土台になったり、他の奥歯が抜けてしまった場合に親知らずを移植して他の歯の代わりにする事もできます。

親知らずが生えてきたら

親知らずへの適切な対応はお口の中の状態によって様々です。
炎症を起こしそうな状態なのか、残しておけばお口の中の健康に役立てることができるのか。
親知らずが生えてきたことを確認したら、まずは歯科口腔外科にご相談ください。

当院であれば、外科処置を専門とする歯科口腔外科医が対応いたします。
急な痛みや腫れでお困りの場合にはすぐにご連絡ください。
JR高槻駅から徒歩3分でお越しになれます。
抜いた方がいいのか、残した方がいいのかなど、親知らずについてのご相談もお受けしております。

このような症状はありませんか?

  • 親知らずが痛みや疼きを引き起こしている

  • 親知らずが横向きに生え、咬み合わせが悪くなっている

  • 親知らずの生える向きによって口が開きにくくなり、
    顎関節症を引き起こしている

  • 親知らずが隣の奥歯に接触する事で、食べ物の詰まりやすくなり、
    歯ぐきの炎症や虫歯を引き起こしている

  • 親知らずが生える向きによって隣の奥歯を強く押し出して歯並びが乱れている

親知らずの抜歯

同意を得た上で抜歯を行います

親知らずが悪くなったからといって
必ず抜歯をするわけではありません
患者様からしっかりとお話しを聞かせていただき
必要な検査を行い、抜歯が適した治療であると判断し
患者様から同意を得られた場合に抜歯を行います

STEP 1:カウンセリング

まずは痛みや疼きがないかなど、患者様の症状を伺います。
不安な事や、気になることは、何でもお尋ね下さい。

STEP 2:診査・診断

患者様のお口の中全体を診査させて頂いた後、歯や顎の骨、神経などの状態を三次元的に確認できる歯科用CTを用いて、3D画像で患者様の親知らずの周囲の状態を確認し、診断させて頂きます。
親知らずを抜く必要が本当にあるのかどうか、親知らずが現在どういった状態であるかを説明させて頂きます。
不明な点、不安な点がありましたら遠慮なくお尋ね下さい。

STEP 3:抜歯

当院では親知らずの即日抜歯を行なっています(予約時に事前申請が必要)。
親知らずのほとんどの部分が顎の骨の中にあり、取り出すのが困難な状態、歯の根っこが複雑に絡まっている状態、隣のた奥歯が炎症により溶かされている場合、親知らずが顎の骨とくっついている状態など、特殊な症状ではない場合は、おおよそ5分~1時間程度の簡単な手術で抜歯が完了します。

親知らずの即日抜歯について

当院では痛みや腫れなどの急性症状が強い場合には親知らずの即日抜歯を行っております。

即日抜歯を行うには、まずご予約時に即日抜歯を希望していることをスタッフにお伝えください。
来院時にお話しを聞かせていただき、お口の中の状態を見させていただきます。
他にご病気がないか、全身の状態も教えていただきます。
その後、検査を行い、即日抜歯が可能と判断された場合には即日抜歯を行います。

お口の中の状態や、全身の状態によっては即日抜歯をお断りさせていただくこともあります。
あらかじめご了承ください。
その場合は、通常通り治療プランを立てた上で、改めて抜歯を行います。

親知らず
抜歯の注意点

親知らずの抜歯に関する注意点です
抜歯後は数日は無理をなさらないようお願いいたします

抜歯中の痛み

抜歯は麻酔をした状態で行いますので、術中に痛みを感じる事はほとんどありません。
痛みや外科手術が苦手な方へは笑気や点滴による鎮静もご用意しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

抜歯後は止血が必要です

抜歯後は歯を抜いた部分からしばらく出血があります。
清潔なガーゼで圧迫し、止血してください(ガーゼは当院からお渡しいたします)。
血が固まり出血が一度止まった後でも、舌や食べ物などの外部からの刺激により再度出血する事があります。
その際にもガーゼで圧迫して血を止めてください。
アルコールの摂取や激しい運動、長時間の入浴などでも、血行が良くなり出血する恐れがあります。
同様に止血してください。

もしどうしても血が止まらないようなことがあればすぐに当院にご連絡ください。

抜歯後の痛み

手術後、麻酔が切れると痛みを感じる事があります。
鎮痛剤を処方しますので、痛みがひくまでは指示のあった通りに服用してください。
通常、最長でも10日前後で痛みは収まりますが、長引くようでしたらすぐに当院にご連絡ください。

抜歯後の腫れ

抜歯後、3日間程度は頬や抜歯した部分の歯ぐきが大きく腫れることがあります。
冷却シート等で軽く冷やすことで腫れを軽減することができます。
また腫れが引いた後、腫れていた部分に内出血の跡があざのように残ることがあります。
自然に消えていきますので、少しの期間お待ちください。

親知らずと
歯科口腔外科

親知らずの治療は歯科口腔外科で

親知らずの治療には外科手術をともないます
親知らずの治療をご希望の場合は、歯科口腔外科にご相談ください

親知らずを歯科口腔外科で治療することのメリット

一般の歯科医師ではなく、熟練した口腔外科医が行うことで、術後の傷をなるべく小さくすることができます。
傷を小さくすることで腫れや痛みをできるだけ抑えることもできます。
また、顎の中の神経と近い位置に親知らずがあった場合にも、歯科口腔外科であれば適切に診断・処置することができ、しびれや感覚が鈍くなるなどの偶発症を可能な限り抑えることができます。
当院にはCTもありますので、術前に親知らずの位置と神経の位置を確認して、抜歯することができます。

万が一、偶発症(しびれなど)が起きた場合には早期治療が必要となりますが、歯科口腔外科であれば迅速に治療をスタートすることが可能です。

全身的な病気を持っておられる方の親知らずの抜歯

当院では総合病院の歯科口腔外科勤務歴のある口腔外科医が常駐しており、全身管理を行いながら抜歯を行うことができます。

歯科以外の全身的な病気を持っておられる方は、かかりつけの主治医と相談した上で、抜歯を行うのに必要な準備を行い、抜歯を行います。
血をサラサラにするお薬(バファリンやワーファリンなど)を飲んでいる方も、ほとんどの場合は当院にて抜歯が可能です。
場合によっては、止血床と言われる血を止めやすくする装置を作ることもあります。
医科の対応が必要な場合にも、近くの救急病院と連携しています。

親知らず担当医

親知らず治療担当医の紹介

総合病院歯科口腔外科勤務歴のある
口腔外科医が対応いたします

菅 雄祐Yusuke Suga

役職 院長
資格 歯科医師
専門分野 歯科口腔外科
一般歯科
小児歯科
インプラント治療
審美治療
菅 雄祐について詳しく見る

菅 智子Tomoko Suga

役職 副院長
資格 歯科医師
日本口腔外科学会 認定医
専門分野 歯科口腔外科
審美治療
インプラント治療
菅 智子について詳しく見る